必須になったエコバッグはオリジナルデザインで楽しもう

エコバッグ1

最近は環境問題についての人々の意識が高まってきています。その表れの一つとして、ゴミを減らすために買い物袋を持参するという活動がすすめられています。店舗ではレジ袋が有料化されるようになってきていて、エコバッグを持ち歩く方も増えてきました。

より楽しくエコにつながる活動が出来るように、オリジナルデザインのエコバッグを使ってみましょう。

好みのエコバッグを購入

まだエコバッグを持っていないという方は、ぜひ好みのデザインのエコバッグを探して購入することから始めてみましょう。大量生産で同じようなものがたくさんあるという場合も多いですが、デザインに凝った手作りのエコバッグを販売しているところもあります。

そういった一品もののエコバッグなら、他の人とはちょっと違うデザインで自分らしいものが見つかるかもしれません。布地の選び方や形の違いによってもかなり印象が変わってきます。実際に手に取ってみて、自分が使いやすい物かどうか、ファッションの傾向に合うかどうかという事を考えて購入してみましょう。

買い物の仕方によっても選ぶ形が変わってきます。歩いて買い物をする場合などは、荷物を長時間持ち歩くことも考えて持ち手が長めで肩に掛けられるものがおすすめです。車で買い物に行く場合などは持ち歩く距離が短いので手提げ型のほうが、畳んだ時に取っ手が邪魔にならずにコンパクトになりやすく便利です。

このように自分の使うシーンに合わせて購入する物を選んでいくようにしましょう。

シンプルなエコバッグに手を入れる

エコバッグ10

自分に合ったエコバッグがなかなか見つからないという方も多いのではないでしょうか。そのような場合にはまずシンプルなエコバッグを購入してみると、それに手を加えて自分らしいオリジナルエコバッグを作ることが出来ます。

一から作るより簡単ですし、気軽にいくつも作ることが出来るので、いろいろ試してみるのも楽しいものです。お子さんなどと一緒に作ってみるのも楽しめます。自分たちのアイデアや好みに合わせて素敵な飾りつけをしてみましょう。

最も簡単な方法として、スタンプを使うということが挙げられます。布に押すことが出来るインクを使い、好みのスタンプを組み合わせて押していきましょう。好きな絵のスタンプをワンポイントで押したり、文字のスタンプを並べて言葉を作ったりするのも素敵です。

ワッペンなどを利用してみるのも仕上がりが本格的になり素敵です。アイロンで接着できるようなワッペンなら、場所を決めてアイロンで熱を加えるだけで取り付けられるので、裁縫が苦手な方でも取り組めます。ぜひ自分に出来る範囲から手を入れてみましょう。

エコバッグを一から作ってみる

ある程度裁縫の経験があるという方は、エコバッグを一から作ってみるのがおすすめです。基本的には直線で出来るタイプのものが多いですから、比較的簡単に作り上げることが出来ます。自分で一から作ってみることが出来れば、好きな色や柄の布を選び、それで製作することが出来るようになるのです。

布の柄などを活かすことが出来るので、インパクトのある物を作りやすくなります。始めは出来るだけ単純な形で、徐々に複雑な形の物を作っていくというようにレベルアップしていくことも可能です。いくつあっても利用できるのがエコバッグの良さですから、時間のある時に作りためてみましょう。

作ったものをプレゼントしていくのも素敵です。

デザインを作って注文する手も

イベントなどで配布するなど、多くの枚数のオリジナルエコバッグを作りたい場合、エコバッグへの印刷を業者に依頼するという方法があります。デザインを作っておけばそれを印刷してもらい、本格的なエコバッグが出来上がります。

写真など複雑なものも入れることが出来るので、手作りでは対応できないようなものについても対応しやすくなるという点がメリットです。ただし、枚数が少ない場合には割高になってしまうので注意が必要です。何枚から受け付けてもらえるのか、価格的にはどうなのかという事を依頼する前に確認しておくようにしましょう。

基本的には枚数が多くなると単価は下がりやすいので、多くの枚数を作る時にオススメです。

パソコンで作ったデザインを印刷

パソコンで作ったデザインや写真などをバッグに印刷したいという事もあるでしょう。業者に印刷を依頼すると本格的で美しい印刷が可能ですが、一枚だけ、ということになると依頼しにくくなることもあります。

そのようなときには自分で印刷してみる事に挑戦してみましょう。自宅のプリンターで布に直接印刷することは難しいですが、プリンターで印刷できるアイロンプリント用紙というものがあり、それを使うと用紙に印刷したものをアイロンプリントで転写することが出来て、オリジナルデザインを実現しやすくなっていくのです。

アイロンプリントにする場合には、反転させて印刷する必要があるという事は意識してデータを作っていくという事に注意しましょう。

その点に注意すれば、家のパソコンやプリンターで簡単に高度なデザインを作り上げることが出来ます。シンプルなエコバッグに自分オリジナルのデザインを付けることが出来れば、満足感もより高くなっていくのではないでしょうか。

市販のパーツを組み合わせて

現在愛用しているもの、作ってみたものなど、手持ちのエコバッグになんとなくつまらなさを感じてくることはないでしょうか。

そういった時には市販のパーツなどをちょっと足してみることで、デザインがより引き立ったり、使いやすさがアップしたりという事につなげられることもあるのです。

作る際はもちろんですが、使っている途中でも何か一つ足してみるという事に挑戦してみるのもおすすめです。例えば、後からつけられるポケットなどもあります。アイロンなどで付けられるものもあり、デザインとして配置することも出来ますし、細かいものを入れる実用性が生まれます。

持ち手が細くて持ちにくいという場合には、持ち手部分に付けられるグリップなどを付けておくと使いやすくなります。他にも面白いものがたくさんあるので、手芸店や雑貨店などを見てみましょう。

気軽にたくさん作ってみよう

エコバッグは環境保護のためにこれから必要性を増していきます。買い物のたびに使うので、複数枚必要になることもあるのです。いくつか作っておくことで役立ちますし、プレゼントなどにしても喜ばれます。簡単にできる方法もたくさんあるので、ぜひ時間のある時にオリジナルデザインのエコバッグを作り、作る過程と使う事を楽しんでいくようにしたいものです。

参照『MUAプロモーション - バックオリジナル』https://bag-factory.online/